>>「レシピの読み方 その11」はこちら

 

「どうやったら天ぷらを上手に揚げられますか?」というのもよくいただくご質問のひとつです。

ということで今回から数回に渡って天ぷらのレシピを取り上げてみたいと思います。

 

今回はクックパッドよりこちらのレシピを使わせていただきます。

 

ではまず材料から読んでみましょう。

材料はタネと衣の2つに別れています。
【タネ】

・桜えび 1/2袋・玉ねぎ 1個

・人参 中1本 ・三つ葉 1束

・小麦粉(まぶす用) 大4ぐらい(様子見て加減)

【天ぷらの衣】

・小麦粉 100g ・片栗粉 大さじ3

・卵黄 1個 ・氷水(冷水に氷3個) 150ccぐらい

・塩 ひとつまみ ・揚げ油 適量

 

いままでの解説を思い出していただくとわかると思いますが、まず注目していただきたいのが衣の部分です。

小麦粉・片栗粉・卵黄・冷水の分量については細かく指示があります。

これはこの分量が重要なポイントであることを意味しています。

 

そして実はもう一点着目するべき点がありがおわかりになりますか?

 

それはタネの方にある「小麦粉(まぶす用)」です。

天ぷらの衣はそもそも小麦粉でできていて、それを溶いたものに混ぜて揚げるのに、その前になぜ小麦粉をまぶす必要があるのでしょうか?
実はこれをちゃんと理解することが天ぷらを上手に揚げる重要なポイントのひとつなのです。
<次回に続く> 
  
「レシピの読み方」は毎週木曜日更新予定です。次回更新は10月5日です 
*シェア、拡散は大歓迎ですが無断での転載・転用はお断りいたします