<<「レシピの読み方 その8」はこちら

 

それでは全体の流れをまとめて見たいと思います。

 

1)作りたい料理のイメージを明確にする

写真を見ながら料理を決めたら材料などを参考に該当のレシピの料理の完成した形を味や材料のサイズ、加熱の具合、全体の調理時間などからなるべく細かくイメージしてみましょう。

 

2)材料に不明なものがないかを確認する

確認した材料の中に不明な材料がないか確認します。

まったく使ったことのない材料や手元にない材料だった場合、何かほかの材料で代替できないか考えてみましょう。

 

3)手順、材料、調味料の配合を参考に自分が作りたい料理のイメージに近いものであるかを考えてみる

1)でイメージした完成形と自分が作りたい料理のイメージが近いか、手順や材料、調味料を参考にもう一度確認してみましょう。

差がありそうであれば、ほかのレシピを探したり、レシピの中で変更するべき点を見つけてみましょう。

 

4)作り方手順を確認し、注意するべき部分を抜き出す

調味料の配合や材料のカットサイズ、加熱時間など、手順の中で特筆されている部分を中心に全体のバランスを確認します。

また大まかな流れをしっかりつかみ、調理の流れがスムーズになるようにします。

 

5)注意点を参考にその他の不明点を類推する

上記の部分の中で不明な点があればその部分をほかのレシピや調理の本などを参考に調べます。

「レシピの読み方 その6」で解説したように、書いてある部分から不明点を類推することも可能です。

 

 

ここまでしてから実際に調理をはじめてみてください。

いままでよりもスムーズに、イメージに近いお料理ができることと思います。

 

 

<次回に続く> 
  
「レシピの読み方」は毎週木曜日更新予定です。次回更新は9月14日です 
*シェア、拡散は大歓迎ですが無断での転載・転用はお断りいたします

コメント
コメントする