<<「レシピの読み方 その2」はこちら

 

 

前回レシピを選んでいただいた訳ですが、実はこれにもちゃんと理由があります。

 

お料理の本質とは実は感覚の再現ではないかと私は思っています。

 

どういうことかというと・・・。

 

日頃からあまりお料理されない方でも「ほっくり甘いかぼちゃの煮物」や「ホクホクの肉じゃが」「サクサクでジューシーな鶏の唐揚げ」と書くと、きっと頭の中で美味しいお料理が再現されることと思います。

 

お料理が上手な人とはこの頭の中で作られた料理を実際に再現する事ができる人ではないのかと思っています。

 

お料理上手な人にお料理の話を聞いてみると、皆さんまるでそこに本当にお料理があるかのように、それはそれは美味しそうにお料理の話をしてくださいます。

つまりお料理上手な人はお料理についてとてもよく観察し、細部までよく記憶しているのです。

 

逆に完成が見えないままにお料理をすると大事なところの見極めでぶれてしまい、結局どっち着かずのピントの甘い曖昧なお料理ができてしまいます。

 

例えば「インゲンの胡麻和え」を作るとします。

インゲンの胡麻和えのレシピを探すときっとたくさんのレシピがあることと思います。

 

さて、どれを選びますか?

 

一口に胡麻和えといってもゴマがペースト状になったもの、荒くすりつぶしたもの、白ゴマベース、黒ゴマベース、醤油がよく効いているもの、甘味がしっかりでているもの、などなど本当にいろいろなパターンがあります。

 

これを何も考えず、とりあえず選んだレシピの通りに作ります。

ところが自分が完成品を食べてみると思っていたものとどっか違う。

「あれ?もっと甘かったような」とか「胡麻にクコがあったような」とか結局なんとなく満足がいかない。

 

お料理を作る人も食べる人も、食べたことがある料理については、自分の価値観を多かれ少なかれすでに持っていて、それを「美味しい」という物差しの判断基準として使っています。

 

であるならば、美味しい料理を作るためには、自分の持つ美味しさの物差しのいちばん上のものをしっかりとイメージし、それに近いものを再現するためのレシピを選ぶのがいちばんの近道なのです。

 

自分の美味しいを再現できるレシピをまずは探す。

それがレシピを選ぶコツなのです。

 

<次回に続く>

 

「レシピの読み方」は毎週木曜日更新予定です。次回更新は8月3日です
*シェア、拡散は大歓迎ですが無断での転載・転用はお断りいたします

コメント
コメントする