ご来店いただいたお客様とお料理のお話をしたり、お料理教室などでお話をさせていただくことがあるのですが、その中で割とよくされる質問に「料理教室で習ってレシピを持ち帰って作ってみたのですが自宅だと上手にできないかったんですがなぜですか?」「レシピの本を買ってほんのどおりやってみても上手くできないんですがなんでですか?」というのがあります。

 

「お料理を楽しみたい」「自宅でも美味しいものが食べたい」と思ってレシピを手に入れ、食材を揃え、手順通りに時間をかけて一生懸命作ったのにどうもピンと来ない。せっかくがんばってもがっかりしますよね。

 

レシピ通りの食材と手順でやったはずなのに何故でしょう?

実はこれにはちゃんとした理由があるのです。


いまや巷にはレシピが溢れています。

昔のようにお料理教室やテレビのお料理番組にだけでなく、ネットも発達しレシピサイトも充実し、また料理の本などもひと昔前に比べると本当に多岐に渡り出版されています。

せっかくこれだけたくさんレシピがあるのですからレシピを上手に活用してお料理をもっと楽しみましょう!

 

ということで「レシピの読み方」と題しまして、週一回更新の連載型でレシピの読み方のお話を書いてみたいと思います。

あまりお料理経験のない方向けではありますがお料理をよくされる方にもお楽しみいただけますよう書いてみたいと思っておりまので、お時間ございましたらぜひお付き合ください。

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

【「レシピの読み方」は毎週木曜日更新予定です。次回更新は7月13日です】
コメント
コメントする